福岡東部子ども劇場

みるは耕す!あそぶは育む! SINCE 1966 人が集う場、育つ場を拡げています

舞台・芸術鑑賞あそび でしか育たないものがある!

トップ  > 鑑賞会の報告と感想  > 花木村月夜奇妙ーどろうぼうたちの月の夜ー前進座

花木村月夜奇妙ーどろうぼうたちの月の夜ー前進座

2013年11月29日(金)、30日(土)
少年科学文化会館

〇10才・男の子・会員
村役人本当によっぱらっていたな。本当に平和な村なんだなあ。

〇13才・女の子・会員
お地蔵さんが動いて驚いた!!
原作本を読んでいて、舞台のラストは本と違う。本はみんなバラバラになってしまうけど、舞台ではみんなの居場所ができてよかった。

〇12才・女の子・会員
3人の弟子は、泥棒になったはずなのに、みんな元も仕事のことばかり考えていておもしろかった。

〇11才・女の子・会員
3人の弟子がなんでどろぼうになったか、歌って聞かせてくれたの分かりやすかったし、おもしろかった。

〇13才・女の子・会員
前方左席で観たので、かしらの歌舞伎メイクを間近で観たり、見得を切るときに大向こうが聞こえてきたり、楽しかった。それに、お地蔵さんが動いたり、木の色が途中で変わったりする舞台装置も楽しかった。

〇30代・女性・会員
今回は、前の方で見たいと思い、18:00から並んだおかげで、前から3列目の左に座れ、右側の通路が花道だったので役者の細かい表情までみることができて、本当によかったです。
作品もとても心温まる作品で、大人の私も考えさせられる内容でした。いろんな人がいて、いろんな考え方もある・・・。弟子たちの置かれる環境は私たちの生活や仕事で良くあることで、その環境から離れたい、受け入れてくれない・・・でも、環境をかえると受け入れてくれるところもあり、いろんな考えの人もいることをこの劇で学ぶことができました。
5才の子どもは、牛が気に入って、劇が終わった後もロビーで会えるのを楽しみにしていたが、結局会えず「うしさんは?」と残念そうでした。

〇40代・女性・会員
泥棒のかしらが何で泥棒になったのか、「人を信用するな。信用できるのは金だけ」になったのか。その原因は幼いころのちょっとした心の傷だったということは、大人の自分の胸にズッシリと来たのでした。その心の傷を村の子が言うように、たまたまそうだったんだということ。あなたは何も悪くないし嫌われるような奴じゃないんだよ。ということがその子に伝われば何歳になっても、大人になってからでも、その子は救われるのだということ。救ってくれるのも、他ならぬ人間であるのだけど、その人もたまたま巡り合わせで出会ったりするものなんだなあと、すごくすごく考え込んでしまいました。傷ついたその子(人)が、その事をしっかりかかえていることも大事なのかなと思いました。
とにかく観て良かったです。

at 2013/12/21 15:56:33